総量規制対象外

年収の3分の1以上借りれる?(総量規制対象外のキャッシング)

利用限度額がどのくらい借りれるのかということを考えるときに一緒に考えなくてはならないのが総量規制です。総量規制は改正貸金業法で定められた法律の一つで、貸金業者が年収の3分の1以上の貸付けを行ってはいけないということが明記されています。ではキャッシングでは年収の3分の1以上を借りることは絶対できないのでしょうか?

 

この総量規制が記されている改正貸金業法は、貸金業者に対する法律になります。貸金業者というのは消費者金融や信販会社などをさすものになり、これらの業者はキャッシングで年収の3分の1以上を貸し付けることができません。しかし、この法律の対象外となるキャッシングがあります。それは銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは銀行が行う融資になります。銀行の場合には貸金業者ではありませんから、貸金業法は適用されません。銀行業法という別な法律があります。ですから、年収の3分の1以上であっても法律上はお金を借りることができます。ただし、あまりにも年収とかけ離れた額の融資となるとキャッシングの審査がおりるかは難しいかもしれません。そうした場合には、消費者金融のおまとめローンも有効です。

 

消費者金融は貸金業者では?と思うかもしれませんが、おまとめローンは「借り手に有利になるローン」として総量規制では例外として認められているのです。借入先が複数ある人、年収の3分の1を超える借り入れをしたい人はおまとめローンを利用して返済をもっと楽にしてみてはいかがでしょうか。

レイクは総量規制の対象外

皆さんは、カードローンのレイクが「総量規制の対象外」という事をご存知だったでしょうか?
総量規制とは、借入の総額が年収の1/3を超えないことが原則となっています。
この決まりは、2010年に「貸金業法の改正」によってスタートしました。
ただし、総量規制は個人の貸付けに限られており、事業用の貸付けには適用されません。
また、一部例外を除いて銀行ローンなどの場合も「総量規制の対象外」として個人に貸付けが行われます。

 

さて、新生銀行のカードローンレイクは何故「総量規制の対象外」なのでしょうか?
実は、多くの方が「レイク」を「消費者金融系カードローン」と勘違いされていらっしゃるようです。
しかし、レイクは新生銀行が直接貸付けを行う「銀行カードローン」の名称です。
この為、年収による総量規制の対象には当てはまらないのです…。

 

以前「レイク」は、消費者金融系カードローンとして取り扱いが行われていました。
しかし、2011年に新生銀行がレイク貸付け業務をすべて引き受け、銀行ローンとして再生させる事になりました。
従って、現在のレイクは銀行カードローンとして取り扱いが行われているのです。

 

カードローンに抵抗感を抱く方でも、銀行ローンであれば違和感無く利用できる事でしょう。
実際に、レイクが銀行ローンになってからは、多くの女性利用者や新規申し込み者が急増しています。
また、総量規制の対象外という点に多くの利用者の注目を集めているようです。

アコムは総量規制対象外になる?

アコムでの借入は総量規制対象外になるのでしょうか?アコムのカードローンは消費者金融になりますから、個人向け貸付けは貸金業法で定められている総量規制の対象になりますね。しかし実はアコムにはカードローンの他にも金融商品があります。

 

例えばビジネスサポートカードローン。こちらは、最高300万円までの利用限度額内で個人事業主の方専用のカードローンとなり、年収の3分の1を超える借入も可能となっています。すでにアコムのカードローンを利用している人でも切り替えが可能です。貸金業法では総量規制において、個人が事業用資金として借り入れる場合には原則として総量規制の対象にはならない、と定めています。

 

また、アコムには貸金業法にもとづく借換え専用ローンというものもあります。複数ローンを抱えている人、また総量規制における年収の3分の1を超える借入が既にある人に最適なローンです。資金使途は借換えのみですが、総量規制では例外貸付けとして、顧客に一方的に有利となる借換え(おまとめローンなど)の場合返済能力があるかを判断したうえで貸付けを可能としています。

 

アコムにもこのように、総量規制に単純にしばられないローンが存在しています。総量規制は消費者金融なら何が何でも対象となる、というものではありません。通常の資金使途自由なカードローンだと規制されてしまうのでその場合には銀行カードローンを検討しましょう。